いぶき耳鼻咽喉科|大阪府豊中市の耳鼻咽喉科|阪急バス「熊野町西」バス停より徒歩1分

扁桃炎

くびの病気

扁桃炎

扁桃炎について
扁桃炎は、ウイルスや細菌によって起こる扁桃腺の病気です。子供から大人まで発症するといわれていますが、小さな子供を中心に30代くらいまでの若い年齢層によく見られます。のどにはいくつかのリンパ組織のかたまりがあり、体の抵抗力(免疫力)をつくるとともに、鼻や口から細菌が気管や肺へ侵入するのを防ぐ働きをしています。これらのリンパ組織は扁桃といわれ、一般に扁桃腺と呼ばれる口蓋扁桃のほか、アデノイド(咽頭扁桃)、舌根扁桃、耳管扁桃などがのどを囲んでいます。
疲れがたまっていたり、風邪をひいて体力が落ちているときなど、いろいろな病原体に対して免疫力が不十分な場合、病原菌やウイルスが増えていくことがあります。この際、喉の免疫器官の口蓋扁桃が病原体とたたかって赤くはれている状態が急性扁桃炎になります。これは、急性と慢性に分けられます。

症状
急に高熱や寒気、頭痛、全身の倦怠感、関節痛などの症状があらわれます。喉の痛みのほか耳の下から首にかけてはれと痛みが出ます。喉の奥を見みると、両脇が赤くはれているのが見られ、扁桃炎の特徴的な症状といえます。高熱と激しい喉の痛みで、食欲不振になることが多く、熱は2~3日で下がる場合もあれば、1週間程度つづく場合もあります。

治療方法
ウイルス性の扁桃炎の場合は、風邪をひいたときと同様の治療を行うことが一般的です。解熱剤や積極的にうがいをし、安静にすることで、1週間程度で、自然に治ります。細菌性の扁桃炎の場合では、抗生剤の投与が一般で、症状を和らげるための解熱剤や消炎鎮痛剤、うがい薬などを処方を行います。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6849-3387 診療時間 9:30〜12:30/16:00〜19:00
※土曜は13:00迄(木曜、土曜午後、日曜、祝日除く)

診療案内

診療科目

・耳鼻咽喉科

2018年8月1日より診療時間を変更いたしました

・木曜日は休診となります
・午後診療は16:00~19:00となります


診療時間
  9:30〜12:30
16:00〜19:00
★ 土曜午前診療は9:30~13:00

休診日

木曜、土曜午後、日曜、祝日

所在地

〒560-0003
豊中市東豊中町6-1-2
豊中大成ビル1F
TEL : 06-6849-3387

  • facebook
Copyright © 2018 いぶき耳鼻咽喉科 All Rights Reserved.