いぶき耳鼻咽喉科|大阪府豊中市の耳鼻咽喉科|阪急バス「熊野町西」バス停より徒歩1分

慢性副鼻腔炎

はなの病気

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎とは
一般に急性副鼻腔炎が治らずに長引いたり、繰り返したりすることによって3ヵ月以上症状が続いているもので、「蓄膿症」とも呼ばれます。慢性化する理由は、鼻と副鼻腔をつないでいる小さな穴が細菌感染により生じる粘膜のはれにより閉じられてしまい、副鼻腔にたまったうみが鼻腔に排泄されにくくなることにあります。引き起こされる症状は鼻づまりや鼻水、頭痛などさまざまです。
 

症状
鼻汁が絶えず出てきてよく鼻をかむ、鼻が常につまっていて、口で呼吸をしている、いびきをかくなどの症状が持続します。両側に症状が現れることが普通です。特に鼻汁は黄色や黄緑色の粘性のもので鼻をかんでもすっきりせず、強く鼻をかみ過ぎて頭痛を生じることもあります。そのほか、嗅覚の低下も一般的に起こります。鼻汁が喉に回ると不快感が増してきますし、細菌の影響で気管支炎をも起こしてしまうこともあります。

治療方法
定期的に鼻・副鼻腔にたまった鼻汁をきれいに取っていきます。細菌感染に引き続いて発症する慢性副鼻腔炎には、原則として3ヶ月以上の抗生物質、粘液溶解剤などの内服が必要です。主にマクロライド系抗菌薬を少量ずつ、長期に使用すると有効な場合が多く認められます。このような治療を数カ月行っても効果がないか、効果が不十分な場合には、内視鏡を使用した鼻内副鼻腔手術も検討します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6849-3387 診療時間 9:30〜12:30/16:00〜19:00
※土曜は13:00迄(木曜、土曜午後、日曜、祝日除く)

診療案内

診療科目

・耳鼻咽喉科

2018年8月1日より診療時間を変更いたしました

・木曜日は休診となります
・午後診療は16:00~19:00となります


診療時間
  9:30〜12:30
16:00〜19:00
★ 土曜午前診療は9:30~13:00

休診日

木曜、土曜午後、日曜、祝日

所在地

〒560-0003
豊中市東豊中町6-1-2
豊中大成ビル1F
TEL : 06-6849-3387

  • facebook
Copyright © 2018 いぶき耳鼻咽喉科 All Rights Reserved.