いぶき耳鼻咽喉科|大阪府豊中市の耳鼻咽喉科|阪急バス「熊野町西」バス停より徒歩1分

滲出性中耳炎

みみの病気

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは
滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)とは中耳に水分がたまる病気です。
この水分は「滲出液(しんしゅつえき)」といわれ、体のなかにある水分で、やけどなどで水ぶくれが出来た時に水ぶくれの中にたまる水分もこの滲出液です。

耳と鼻とをつなぐ耳管(じかん)は中耳の気圧とまわりの気圧にあわせる働きがあります。
かぜなどをひき耳管の働きがわるくなると、気圧の調整ができなくなります。このため中耳の気圧が低くなって鼓膜は少しくぼんだ状態になります。
この状態が長く続くと中耳に滲出液が染み出してきて、液体が中耳に溜まった結果、難聴・耳のつまった感じ(耳閉感)・耳鳴りや自分の声が耳の中でに響くなどの症状が起こります。

症状

【大人の場合】
大人の場合は、高所に行った時の耳がつまったように感じや、難聴を訴え、耳に栓をしている様なきこえにくい感じを伴い、自分の声が耳に響く感じがしたり、耳の中で水の音がしたりします。

【子供の場合】
子供の難聴の多くは、この滲出性中耳炎が原因によるもので、多くは急性中耳炎に引き続き起こりますが、特に原因がわからずに滲出性中耳炎になっている場合もあります。

子供の場合、自分からはなかなか訴えることはできない場合が多く、テレビのボリュームを大きくしていたり、おしゃべりする声が大きくなったり、呼びかけても振り向かない場合は、滲出性中耳炎を疑う必要があります。

治療方法
抗生物質や消炎酵素剤などを内服していただき、滲出液がたまらないようにします。
“耳管通気」”という耳管に空気を通し、滲出液が抜けやすくなるための治療を行います。

2~3ヶ月間、通医院していただき治療をして、滲出液が抜けないようなら鼓膜を切開して滲出液を出します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6849-3387 診療時間 9:30〜12:30/16:00〜19:00
※土曜は13:00迄(木曜、土曜午後、日曜、祝日除く)

診療案内

診療科目

・耳鼻咽喉科

2018年8月1日より診療時間を変更いたしました

・木曜日は休診となります
・午後診療は16:00~19:00となります


診療時間
  9:30〜12:30
16:00〜19:00
★ 土曜午前診療は9:30~13:00

休診日

木曜、土曜午後、日曜、祝日

所在地

〒560-0003
豊中市東豊中町6-1-2
豊中大成ビル1F
TEL : 06-6849-3387

  • facebook
Copyright © 2018 いぶき耳鼻咽喉科 All Rights Reserved.